ウィドマンステッテン組織    [a11]

【用語の意味】

過熱組織の一つで、焼入れの際に異常な高温に昇温した場合などに、特定の結晶面に沿って新しい特徴的な相がみられる組織で、熱処理的には好ましくない組織。

【補足説明】 

ウィドマンステッテン組織例
これは、WEBにあった結晶粒の粗大化と結晶粒界に針状の組織が成長している例です。

過熱の例で、熱電対異常で焼入れ加熱温度が標準温度より100℃程度オーバーしたときにその組織を観察した経験があるのですが、結晶粒が増大する程度で、このような組織は確認できませんでした。
また、SKH51を、1260℃を越えた異常な高温に加熱すると、一部が溶けて品物の表面にしわができてきます。その組織を見ると結晶粒界が崩れる状態になっていますが、それでも、このような組織は見られませんでした。
鋼を高温に加熱すると、結晶粒界から変化が起こるようですが、このような針状組織は観察されませんでしたので、熱処理の加熱でこの組織が簡単に生じるようには思いません。
Wikipediaから引用
この写真はウィキペディアの写真ですが、隕石の研磨面に見られるのは、金属ニッケルで、きらきら光った帯状や幾何学模様がウィドマンステッテン組織と表現されています。
この組織の成因を考えると、焼入れのような過熱ではなく、冷却される過程や時間の条件が関係する気がしていますが、高温に加熱された結果であるのは間違いないでしょう。
「ウィドマンシュテッテン」と書かれる場合もあります。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る