第一鋼業株式会社~熱処理用語

異材混入(いざいこんにゅう)  [a09]

【用語の意味】

熱処理では、指定の鋼種以外のものが混じったり、間違った材料のまま熱処理することでの不具合のことを「異材混入による不具合」といいます。


「異材」の意味は広範囲ですが、熱処理においては、熱処理工程中に発生した「予想しない成分の鋼種」をさしますが、それが指定された鋼種の中に混同することによよって不具合が発生しますので、極度に嫌われるものです。

当社の「受託熱処理における不具合件数」を見ると、その中で最も多い不具合が「異材混入」です。

そのほとんどは、お客様が持ち込まれた時点で、別鋼種が混ざり込んでいるというもので、熱処理前に発覚することは少なく、熱処理中または熱処理検査でそれが発覚する場合がほとんどです。

通常は、熱処理依頼の際は、ほとんど、注文書の材質、硬さ、熱処理の種類を確認すると、熱処理作業に入りますので、加熱前に発見することはほとんどありません。

熱処理をしたあとの硬さ検査の段階で、正規の硬さになっていないという場合や、品物の仕上がり色が異なっている・・・などで「材料がおかしい」という不具合が発覚します。

一旦熱処理をしてしまうと、品物にならない・・・ということにもなってしまって、大きな損失になります。

このような場合には、不具合品を再熱処理をする場合もありますが、焼入れ温度が違う処理をしてしまった場合などは、同じ硬さに仕上がったとしても、じん性や寸法変化などで品質は劣化してしまっています。

この予防法としては、きっちりとした品物の分別管理を徹底する必要があります。

これに注意しておれば、熱処理時だけではなく、機械加工工程中でも、いろいろなサイン(兆候)があって、防止できることも少なくありません。

例えば、機械加工中では、鋼種や鋼材のロットが異なると、熟練した加工者は、微妙にキリコの色や形が異なっていたり、仕上がった肌の違いなどにも気づきます。

人間の五感は非常に高度なもので、それを駆使して判断できる場合も多いですし、もしも何らかの感じで、事前に異材混入の可能性に気づけば、熱処理前の火花試験(検査)や蛍光X線分析で判別(分別)できます。

「気づき」によって大切な品物が助かるケースが多いことを知っておきましょう。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し    R1.9 見直し  R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る