異材混入(いざいこんにゅう)       [a09]

【用語の意味】

熱処理では、指定の鋼種以外のものが混じったり、間違った材料のまま熱処理することでの不具合のこと。

【関連する用語】
火花試験
【補足説明】 

「異材」の意味は広範囲ですが、熱処理においては、熱処理工程中に発生した「成分間違いによる不具合」をさしています。

当社の例では、熱処理不具合のうちで最も多いのがお客様が持ち込まれた品物の「異材混入」です。
熱処理依頼の際は、ほとんど、注文書の材質、硬さ、熱処理の種類だけで工程が進んでしまいますので、熱処理硬さ検査の段階で正規の硬さになっていないことなどで不具合が発覚します。

不具合品を再熱処理をする場合もありますが、焼入れ温度が違う処理をしてしまった場合などは硬さに伴う機械的性質(圧縮強さや引張強さ)は問題ないものの、じん性面の品質は劣化します。

予防法としては、きっちりとした分別管理以外にありません。
注意しておれば、機械加工のキリコの色や仕上がった肌の違いなど、工程中に五感で判断できる場合も多いですし、もしも事前に異材混入の可能性に気づけば、熱処理前の火花検査や蛍光X線分析で判別できます。「気づき」によって大切な品物が助かるケースが多いことを知っておきましょう。


↑記事のTOPに戻る