アルファ鉄(α鉄)   [a05]

純鉄で、約911℃以下で安定な状態の鉄をいいます。

結晶構造は体心立方晶で、他の元素(普通は0.1%以下の炭素)を含む場合は、フェライトとも呼ばれます。

この、α鉄、純鉄、フェライトは同じ意味で用いられることも多いようです。


純鉄【注1】は体心立方晶で磁性があります(常時性)ので、優れた磁性材料になります。
その温度を徐々に高めると約800℃の手前で磁性が消失します。(消失する温度をキュリー点と言います)また、約910℃を超えると面心立方晶のγ(ガンマ)鉄(オーステナイト)に変化します。

磁性を失ってからγ鉄になるまでの温度域の鉄をβ(ベータ)鉄という場合があります。(α・γが特徴的ですが、βは特に重要ではありません)
もちろん、純鉄は炭素を含みませんので、焼入れ硬化しません。

【注1】鉄(Fe)は純粋のものが得られにくいため、このあたりの温度は少しの成分差で変わるために「約」としています。

鉄―炭素系2元平衡状態図

↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る