有効加熱帯(ゆうこうかねつたい)   [y15]

【用語の意味】

加熱設備で品物を許容温度範囲に保持できる寸法領域をいいます。熱処理加工のためのJISではその測定方法や許容温度範囲が定められています。

【補足説明】
JISを読んでもわかりにくいので、実際の温度管理について説明します。
当社で大きな炉については、鉄骨などで寸法範囲を決めた位置に熱電対をつけて、ほとんどは品物を入れないで温度を測定して、一定時間その温度に保持した状態で、すべての点の温度が許容範囲にあることを確認します。
これを「無負荷での有効加熱帯温度精度」といいます。
通常の許容温度範囲は、「目的温度に対して±10℃」程度ですが、特定の設備の焼戻し温度などは±5℃で管理しているなど、設備の用途、目的によってその要求値は異なります。温度精度が要求されると、有効加熱帯は狭い範囲になります。
「有効寸法」という表現があります。これは品物が入る最大寸法という意味合いが強く、当社のカタログでも不明瞭のところがあります。しかし、JISやISOを取得している工場では、有効加熱帯を外れて装入するばあいは、事前に打ち合わせて処理をしますので、特にそれを気にすることはありません。

↑記事のTOPに戻る