第一鋼業株式会社~熱処理用語

焼戻しパラメータ     [y10]

通常の焼戻し曲線は焼戻し温度とその硬さの関係を示していますが、焼戻し硬さは温度と時間の関数として捉えることができるということから、その関係を表したものを焼戻しパラメータです。



SKD61の焼戻しパラメータ例日立金属カタログより焼戻しパラメータ例

左の例はSKD61の、右の例は日立金属のカタログに示されているものです。

少し見にくいですが、左では、P=(℃+273){20+log(hr)}という関係で硬さの変化を表現していますし、右の図は、P=T(20+log t)/10^3 として、温度と時間の関係を表した図です。

日立金属さんの図は、高温強度の比較を示すための図としてカタログに掲載されているようです。

これをどのように使うのかということについては、これが温度時間関係だけでなく、「焼戻し回数」なども関係すると、その捉え方も難しいのですが、いろいろな利用法も考えられます。

当社の一例をあげると、硬さのばらつきを抑えるために、少し温度を下げて長時間焼戻しするという方法が有効であるという説明にこれが利用できます。

例えば、5mを超える長尺の品物の硬さを均一に揃えるのは大変なことで、特に、高温焼戻しでは5℃程度の炉の温度のばらつきがあったり、品物は端面でその影響を受けやすいので、それを回避するために、目的温度より低い温度で長時間の焼戻しをする・・・という方法を取って硬さをそろえるように工夫します。

20+log(時間)ですので、ある硬さにするためには、少し焼戻し温度を下げて長時間焼戻しするか、少し高い目の温度にして、短時間で焼戻しすればいいということになります。

このように、時間の影響は対数で作用するので、ごく少し硬さを落としたい場合の保持時間を考える場合などにも応用できます。

また、通常は200℃で焼戻しをした品物の先端だけの硬さをソルトバスを用いて下げたい場合、その目的温度が380℃とすると、560℃のソルトバスに短時間先端をつけて焼戻しするなどの方法があります。

もちろん、焼戻しパラメータで計算しても、うまく行かないので、試行錯誤や実験が必要ですが、これらは、この「温度と硬さはある関係がある」という考え方があるからです。


日立金属さんのデータもすごいですが、このようなことを考えて実際にやってみると面白いのですが、これを「机上の熱処理」「空理空論」と笑われたこともありますが、近年は、このような仕事中の実験や「遊び」も、やらせてもらえる機会が少なくなったような気がします。

「チャレンジ」するように口では言われているものの、通常の仕事の中では難しくなる一方です。昭和後期の、いろんなことが自由にできた古き良き時代を懐かしいと思っているのは、年老いた証拠でしょうか?



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R1.8 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る