焼戻し(やきもどし)     [y08]

【用語の意味】

焼入れした品物を700℃程度以下の適当な温度に加熱して、硬さや組織を調節する処理。高合金工具鋼などでは500℃以上の処理を、特に「高温焼戻し」と言って区別していう場合があります。

【補足説明】
SCM435の調質における機械的性質SKD11の熱処理硬さ曲線

左はSCM435の調質、右はSKD11の焼入れ焼戻しの硬さなどの推移を示す熱処理曲線です。

調質は、品物の表面と内部の硬さなどの機械的性質を均質にする目的で500℃以上の焼戻しをするので、通常はこのような温度範囲について示されています。また、工具鋼などでは焼入れ温度の影響が大きいので、ここにあるような図が示されていることが多いようです。

焼戻しは、焼入れ後に硬さや機械的性質を調整するために再加熱する処理です。炭素鋼や低合金鋼では、左図のように加熱温度が上がるにつれて硬さが低下しますが、右図のようなSKD11などの高合金鋼では、500℃付近で硬さの上昇がみられるものがあります。これを2次硬さといいます。

SKD11は高い硬さの工具類などに使用されることが多いので、その多くは200℃前後の焼戻しによって、高硬さの状態で使用されますが、高温特性を良くしたい場合などには、520℃以上の温度で焼戻しをします。その場合に「高温焼戻しする」といって区別する場合もあります。

低合金鋼での焼戻し回数は1回で問題ありませんが、高合金鋼の場合は、焼入れ終止温度や残留オーステナイトなどの影響があるために、低温焼戻しであっても、必ず、2回以上の焼戻しをする必要があります。



↑記事のTOPに戻る