低温脆性     (ていおんぜいせい)   [t13]

【用語の意味】
室温又はそれ以下の温度で、衝撃値が急激に低下して脆くなる現象。どんな鋼にもある現象で、極低炭素鋼やオーステナイト系ステンレス鋼などは-100℃程度以下でも脆化しないので、低温容器などにはこのような低温に強い鋼を使用するようにしなければなりません。
【関連する用語】
  遷移温度 
【補足説明】

脆化温度が高いということは、その温度以下になると衝撃値が低下し、破壊しやすくなり、破面は脆性破面になります。
ナイフなどが例えば冷蔵作業中に簡単に欠けたり折れたりすることもこれが原因の一つでしょう。特に炭素含有量が高くなるとその影響が大きいので、工具などを常温以下で使う場合は、意識しておいたほうがいいでしょう。
高硬度の工具や金型などは、冬場の早朝などでは室温が低下すると欠けやすいということが言われます。この低温ぜい性も一つの原因になっています。
これらの低温ぜい性の影響を受けやすい鋼に対しては、工具の温度を室温以下の温度で使わないようにして、われやすいものは予熱などで温度を高くします。その他の対策としては、変形しにくいように厚さを増すなどの検討をする以外にはないようです。
逆に言えば、せん断などでは、品物を冷やして切り口性状を改善するということもできる考え方もあるでしょう。
ここでいう「室温」は30℃程度と考えておくといいのですが、通常の工具鋼の試験は温度を意識することなく「室温」で行われていることになっています。しかし、シャルピー試験の例を見ると、(焼戻し脆性や青熱脆性などの影響があるものありますが)一般的にはシャルピー値が上昇する傾向にありますが、低温で試験されたものは見ることはありませんが、高硬度の工具では、確実に0℃以下では「もろくなっている」と考えておいていいでしょう。
余談ですが、私自身、0℃でのシャルピ-試験は行いましたが、工具鋼で温度を変えて試験したことの記憶がありません。高硬さのシャルピー試験をしばしば行っていましたが、常に数値はばらつくので、あまりシャルピー値を信じていなかったこともあって、低温ぜい性までを思いつかなかったのですが、機会があればやってみたい気持ちもあります。それはともかく、工具は30℃以下では使わないということは覚えておいて損はないですし、使うとすぐに摩擦熱で工具温度が上がりますので、使い始めは負荷をかけないということを考えておけば、かなり工具寿命が延びるはずです。


↑記事のTOPに戻る