DS(ディーエス)ハード        [t12]

【用語の意味】
第一鋼業が行う窒化処理の呼び名。化合物層を変えた各種の処理を行っています。
【関連する用語】
  窒化
【補足説明】

 
窒化する雰囲気ガスに硫化ガスを加えて、品物の最表面に硫化物を生成させ、その潤滑性で製品寿命を向上させています。
この写真はSEMで浸硫窒化した表面を撮影したものですが、窒化層の上に1μm程度の厚さで硫化物が張り付いていますが、これが潤滑性を高めていると考えています。
550℃以上の高温焼戻しをする鋼種に対しては有効で、効率的な窒化温度は550℃前後であることから、品物の硬さに合わせた処理ができます。
窒化層の深さや性状で寿命が変わるので、現在では、数種類の条件を決めて標準化して処理をしています。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る