超合金   (ちょうごうきん)       [t08]

【用語の意味】
鋼の耐熱性や耐食性を高めるためにNiなどの合金成分を大量に添加したもので、およそ、鉄の含有量が50%以下のもの。
【補足説明】

子供のおもちゃで「超合金」というと、非常に「強い」金属というイメージが強いが、金属でいう超合金は「スーパーアロイ」の日本語訳で、高い硬さ、耐熱性、耐酸化性などに優れる金属という程度の意味である。

「硬い」についてはWC(タングステンカーバイド)を主体にした焼結合金「超硬合金」は広く工具に使用されている。

耐熱、耐酸化については超高温になるジェット機エンジンのタービン用などで鉄族(鉄、ニッケル、コバルト)などを主原料にした各種の合金がある。このうち、Fe基のステンレス鋼に分類されるものもそれに入るが、それらよりも、鉄の含有量が50%以下でNi(ニッケル)・Co(コバルト)・Cr(クロム)・Mo(モリブデン)・W(タングステン)などの高融点金属の合金をさす場合が多い。

かつてはハステロイ、ステライト(これらは当初はメーカー名であった)などがその代表であったが、近年ではそれらも多鋼種になり、多様化している。

もちろん、これらは常温での硬さは焼入れ鋼のように硬くはないものが多く、Al(アルミニウム)・Ti(チタン)などを加えるなどで耐熱、耐薬品性などに様々な用途向けの鋼種が開発されている。


↑記事のTOPに戻る