地きず   (ぢきず)     [t05]

【用語の意味】
鋼の仕上がり面で、肉眼で見える程度のピンホールやブローホールなどで、非金属介在物や砂などの異物によって生じる欠陥。
通常、加工傷や割れは含まない。
【関連する用語】
  探傷試験  非金属介在物
【補足説明】

近年は、製鋼技術の向上で、この欠陥に遭遇することも少なくなったが、地きずなどの内部欠陥があると、機械加工をしているときにキリコ(切り粉)が途中で途切れたり、その形状が通常とは異なることで鋼材の異常があることが露呈する場合が皆無ではない。

現在では、出荷される鋼材は探傷検査などで全数検査されている場合が多いが、圧延肌の材料であれば発見しにくく、内部のものは検査基準にかからないものや、一部分に偏在するものなどは工程間の検査で判別されない場合は皆無ではない。もちろんそれは受入検査でも見つけるのは容易ではないので、機械加工時に異常のあるなしを判断する意義は大きい。

このような状態で発見された場合のほとんどは、明らかに非金属介在物の規定に外れているが、当社の現状では、少量品種の工具鋼などで数年に1回程度異常が報告される程度で、大量生産されている構造用鋼など、ほとんどの鋼では品質検査が厳格なこともあって、ほとんど考えなくていいほどの高品質になっているので、鋼材の出荷検査精度や高品質を要求して過剰品質にする必要もないと考える。

工具鋼や特殊な鋼種については、自動で無人加工するケースが比較的少ないので、機械加工する際に、加工者の知識や経験で異常に築いて欠陥を発見する場合も多い。このために、新入者などにOJTなどでこのような知識について教育していくことは今後さらに重要であるといえる。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る