遷移温度(せんいおんど)          [s33]

【用語の意味】
低温域では、衝撃値が低下し、破面が脆性破面になる。簡便的に、脆性破面率が50%になるときの温度をさす。
【補足説明】

遷移温度を示す図の例遷移温度に影響する元素
これらの図は日本鉄鋼協会編「鉄鋼の熱処理」から引用しているが、左図では0.2%の軟鋼の例で、シャルピー衝撃値Eは温度の低下とともに低下し、逆に、脆性破面率φは低温になるにつれて増加している。このφが50%の時を簡便的に遷移温度とすると、この鋼の遷移温度は-3℃程度といえる。しかし、この例でも、40℃以下で衝撃値の低下がみられるのでこれを意識していることが大切である。
この温度が低いほど低温に強い鋼といえる。
オーステナイト系のステンレスなどではこの遷移温度は低いが、上右の図のように、特に炭素CやリンPが遷移温度を上げる(低温に弱くなる)ので、Cが0.5%を超える工具鋼や型鋼などでは常温以下では脆くなっていると考えておいたほうがいい。
工具鋼などのデータは見当たらないが、冷凍庫の作業で刃物が折れやすいことや、熱間鍛造型などで冬季の早朝に型が割れやすい・・・などはこの影響があるのかもしれない。対策としては、刃物の場合は刃の厚さを厚くすること、型鋼の場合は、充分に予熱をすることなどがあげられるが、炭素量が関係することもあって、使い方によっては、高炭素の工具鋼では根本的な対策が難しい。


↑記事のTOPに戻る