セメンタイト           [s32]

Fe3Cであらわされる鉄の炭化物。


スポンサーリンク


亜共析鋼の例

これは亜共析鋼の焼なまし状態の顕微鏡写真の例ですが、黒っぽく見える部分は共析のパーライトで、その部分を拡大していくと、下の写真のように、セメンタイト(硬い炭化物)とやわらかいフェライト(α鉄)が層状になっています。大きい白い部分はフェライトの単相です。

この組織は、亜共析鋼(この写真は約0.4%C鋼)を、焼なまし温度から徐冷されるときに共析のパーライト(黒い部分)が析出して、残りがフェライト(白い部分)として残っています。

これが共析鋼(約0.85%C)になると、完全焼なましの状態では、組織全体が共析のパーライト組織になります。

(参考)パーライトの電子顕微鏡写真 

上の写真の黒く見える部分が共析組織のパーライト組織になっていますが、これは、説明用に、共析鋼のパーライトの電子顕微鏡写真をさらにデジタル拡大したもので、パーライトは、炭化物Fe3Cとフェライト(α鉄)が層状に析出しています。
球状化焼なましをすると、長い層状が切れて、丸い炭化物になっていきます。

また、過共析鋼(例えば1%C)になると、鋼中に炭素を溶け込ませることができないために、結晶粒界に粒状の炭化物のセメンタイトが析出する組織になります。さらに炭素量が増えると、粒状の炭化物が結晶粒を取り囲む形になるので、「網状の炭化物」といわれる場合があります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し   R1.8 見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る