ズブ焼入れ           [s27]

熱処理業界の用語で、一般熱処理の「全体焼入れ」のことです。
反対語は、「表面焼入れ」「部分焼入れ」です。



構造用鋼などの焼入れに呼称されることが多く、品物全体を焼入れすることを「ズブ焼きをする」などと表現されています。

全体焼入れは、品物全体を加熱して急冷(水冷や油冷)をして硬化させることですが、全体が加熱されるので、質量の影響(質量効果)を受けやすく、高周波焼入れのように表面部分だけを加熱冷却する場合に比べて、表面の冷却が遅くなるので、例えば同じ棒径であれば表面の硬さが出にくいということもあります。

しかし、その反対に、全体焼入れでは内部に向かってなだらかに硬さが低下しますが、高周波焼入れでは、周波数で加熱深さ(硬化深さ)は決まるので、加熱深さ限度を超えた内部では急激に硬さが低下する境界ができます。この特性を理解して熱処理方法を決めるといいでしょう。
焼入れの断面硬さ推移の模式図焼入れ深さの模式図

構造用鋼で焼入れ性の高くない鋼種(たとえばS45C)を全体焼入れ(水焼入れ)をすると、質量効果により表面硬さと中心硬さの差が大きくでます。さらに、それよりも品物が大きくなると、古いJISで示されていた調質硬さ(S45Cでは201~269HB)すら確保できなくなります。

「調質」は、品物内外の強度(硬さ)の差をなめらかにするために500℃以上の高温で焼戻しすることをいいますが、品物が大きくなるに連れて質量効果の影響で表面硬さの低下や表面と内部の硬さの差が発生します。

そのために、表面硬さを確保しようとすれば、当然、焼戻し温度を下げる必要があります。そうすると、さらに表面と内部の硬さの差が残ることから、こうなっては、本来の内外の機械的性質を均一にするための「調質」とは言えなくなります。

このことは、かなり熱処理に精通してくると自明のことになるのですが、書籍などにはほとんど書いていないことです。しかし、品物の構造や強度を考える上では大切なことです。

これらのデーターが少ないのですが、SCM435の例を示します。
SCM435の質量効果を考えるための図
一般的には、硬さは表面硬さしか測定できないために、内部硬さがどうなのかは知りたい場合が多いのですが、しかし、これらのデータも少なく、ほとんどは『わからない』という状況です。

それを推測する方法としては、熱処理の考え方では、ジョミニ試験から推測する方法、シミュレーションソフトを用いて、鋼材内部の冷却速度を計算で求めてCCT曲線にあてはめる方法、既知のUカーブなどから推測する方法など、いくつかあるのですが、残念ながら、結果に作用する要素(ファクター)が多くあって確度が低いものになってしまうことから、重要部品などの場合には、実機で焼入れをしたもので直接確認するほうが確実だという現状でしょう。

【ひとりごと】熱処理は重要な技術項目ですが、今や、ローテクの範疇になっていて、論文にするような研究も少ない状況です。ほしいデータは多いのですから、熱処理工業会などが音頭をとってデータを集約できればいいと思うのですが、当社もその組織下にありますが、そういう環境にありません。困ったものです。このHPで使用している引用文献のほとんどは1960~70年代のもので、それを未だに使っている状況は、なんとも寂しいものです。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る