第一鋼業株式会社~熱処理用語 水じん処理

水靭(すいじん)       [s24]

高マンガン鋳鋼(または高マンガン鋳物)などを固溶体化処理することを水靭(水靭処理)といいます。

オーステナイト状態になるように加熱した温度から急冷(普通は水冷)をして、常温でも安定したオーステナイト状態にする処理のことをいいます。


JISなどに規定されたマンガン鋼(SMn***)は、C:0.5%以下、Mn:2%程度以下ですが、ここでいう高マンガン鋼は、0.8%以上のC量で、Mnを大量に(10数%)加えた鋼で、常温でもオーステナイト状態のものです。

オーステナイト状態であるので、非磁性で比較的柔らかいものですが、変形を加えると加工硬化して表面が非常に硬くなる性質があります。

このため、土木機械の切り刃部分や爪の先端などに鋳鋼品が、また肉盛り溶接してその部分の補修で用いられます。

この鋼は、鋳込み状態では脆い状態であるのでオーステナイト化温度(900~1000℃程度)に加熱後に水冷することで、安定したオーステナイト状態の鋳鋼(または鋳鉄)になり、その状態で使用されます。

高マンガン鋳鋼は上記の性質であるので、機械加工は困難で、もしも加工が必要な場合はグラインダーなどで成形して使用します。


↑記事のTOPに戻る


(来歴)R2.2 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る