真空焼入れ(しんくうやきいれ)        [s21]

【用語の意味】
炉内で真空または減圧した不活性ガス中で焼入れする熱処理法。真空熱処理
焼戻しまで真空で行って光輝状態に仕上げる場合は、完全真空・オール真空などと区別して呼称されることもある。
【補足説明】

真空炉を用いて焼入れされた品物は、表面が光輝状態であるので、金型などでは仕上げにかかる時間が短縮できるなどで、熱処理価格が高くてもメリットが出るとして好まれており、現在では高級鋼の熱処理設備の主流になっている。

しかし、多くの真空焼入れ炉は1室構造で窒素ガスを用いて冷却するタイプが主流なので、油焼入れする鋼種には適用できないものが多い。

このこともあって、焼入れ性のあまり高くない高速度鋼で、従来のソルトバスで熱処理したものと比べて、工具寿命が短い・・・と指摘されることもある。
しかし、加圧冷却(ガスの圧力を上げて大量の窒素ガスを流して冷却する方法)で油冷に近い冷却ができる炉(設備)も増えているので、冷却だけの問題ではないかもしれない。

大型真空炉では、ソルトバスに比べて1回に処理できる量が多く、ソルトバスでは焼入れ温度を変えて焼戻しを同時にするという作業方法がとられることが多かったが、真空炉の焼入れ処理は、焼入れ温度を層別して細かく変えないで、焼戻し温度で硬さ調整をする熱処理作業をとることが多い。

熱処理後の硬さが同じであっても、熱処理の条件がソルトバスと真空炉では異なるので、それらで寿命などに変化があることもある。


↑記事のTOPに戻る