質量効果(しつりょうこうか)        [s15]

【用語の意味】
質量や断面寸法が大きくなるにつれて、焼入れ時の表面硬さの低下や硬化深さの減少が生じるが、それが大きいと「質量効果によって・・・」などと表現する。
【関連する用語】
 焼入れ性 
【補足説明】
SCM435の質量効果と断面硬さ

これはSCM435のφ25・φ50・φ100の鋼材の焼入れ硬さと焼戻し硬さの資料であるが、焼入れしたままの硬さを見ると、径が大きくなると表面硬さも内部硬さも低下している様子がわかる。

  

この図は、調質(500℃以上の焼き戻しをして、表面と内部の機械的性質を調整する処理)により効果を示したものであるが、直径の違いで表面硬さ、表面と内部の硬さの違いが平準化されていることを示す図であるが、このように寸法が大きくなるにつれて硬化しにくくなる内容のことを「質量効果」「質量効果が大きい」「質量効果のために・・・」というような言い方をする。

要するに、「品物が大きくなると急冷されにくくなるので、焼入れ性のあまり高くない鋼種は硬さが出なくなる…」という意味合いの内容が含まれていると考えるとよい。もちろん、質量効果を表現する数値などはない、漠然とした言い方であるが、言う側もイメージで言っている感じが強く「品物が大きくなってくると、熱処理のカタログに書いてあるような状態と変わってきて、焼入れしても、表面硬さが低下するし、内部の硬さはさらに低くなっていますよ」という意味合いを含めて言っているという程度に考えていればいいだろう。


↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る