質量効果(しつりょうこうか)        [s15]

【用語の意味】
質量や断面寸法が大きくなるにつれて、焼入れ時の表面硬さの低下や硬化深さの減少が生じるが、それが大きいと「質量効果によって・・・」などと表現する。
【関連する用語】
 焼入れ性 
【補足説明】

SCM435の質量効果と断面硬さkこれはSCM435のφ25・φ50・φ100の鋼材の焼入れ硬さと焼戻し硬さの資料であるが、焼入れしたままの硬さを見ると、径が大きくなると表面硬さも内部硬さも低下している様子がわかる。

このように寸法が大きくなるにつれて硬化しにくくなる内容のことを「質量効果」「質量効果が大きい」「質量効果のために・・・」というような言い方をする。

要するに、品物が大きくなると急冷されにくくなるので、焼入れ性のあまり高くない鋼種は硬さが出なくなる…」という意味合いの内容が含まれていると考えるとよい。もちろん、質量効果を表現する数値などはない漠然とした言い方である。


↑記事のTOPに戻る