残留オーステナイトの安定化        [s06]

残留オーステナイトは、焼入れをするために高温に加熱してオーステナイト組織にしたものが、焼入れ後もそのまま残っていすものです。

それは、不安定なものであるので、製品になった後に変寸や変形、割れの原因などになる可能性が高いので、充分な焼戻しをするなどによって、他の組織に変化しないようにすることを「安定化させる」といいます。

スポンサーリンク


焼入れしたままの状態では、SKD11などの高合金工具鋼で20%以上、SKS3でも5%程度の、残留オーステナイトがあるとされます。

この残留オーステナイトは、焼入れ時に温度を上げてオーステナイト状態になった組織が、焼入れ後もマルテンサイトなどの焼入れ組織にならないで組織中に残っているものです。

  

このため、焼入れ直後に-75℃のサブゼロ処理をすると、それらがマルテンサイトなどの硬い組織に変化して、1から2HRC程度の硬さ上昇があります。

  

しかし、これを180℃程度の焼戻しをしたのちに-75℃のサブゼロ処理をしてもほとんど硬さが上昇しません。この状態を「残留オーステナイトが安定化した」と説明されます。

多くの鋼種では400℃程度以上の焼戻し処理で残留オーステナイトは分解し、560℃程度以上で消失します。しかし、200℃程度の焼戻しをすることによっても、残留オーステナイトが時間とともに変化しにくくなって、経年変化はかなり軽減されます。

ただし、完全に時効変形や強加工時に生じる加工誘起マルテンサイトなどには対応できないので、残留オーステナイトを少なくする熱処理方法を常に考えていることは重要であるといえます。


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る