残留オーステナイトの安定化        [s06]

【用語の意味】
残留オーステナイトが時間経過でマルテンサイトなどに変化しないように、充分な焼戻しをするか常温で長時間放置をするなどで、製品になった後に変寸や変形が起きないようになること、またはその処理をすること。
【関連する用語】
 時効処理  
【補足説明】

焼入れしたままの状態では、SKD11などの高合金工具鋼で20%以上、SKS3でも5%程度の残留オーステナイトがあるとされる。このため、焼入れ直後に-75℃のサブゼロ処理をすると、1から2HRC程度の硬さ上昇があるが、これを180℃程度の焼戻しをしたのちに-75℃のサブゼロ処理をしてもほとんど硬さが上昇しない。この状態を「残留オーステナイトが安定化した」と説明される。

多くの鋼種では400℃程度以上の焼戻し処理で残留オーステナイトは分解し、560℃程度以上で消失する。しかし、200℃程度の焼戻しでも経年変化はかなり軽減される。ただし、完全に時効変形や強加工時に生じる加工誘起マルテンサイトなどには対応できないので、残留オーステナイトを少なくする熱処理方法を常に考えていることは重要である。


↑記事のTOPに戻る