レアメタル        [r06]

【用語の意味】

地殻中の存在量が少ないか、採掘コストがかかるなどの非鉄金属をさしますが、Mn,Cr,Mo,Wなど、特殊鋼に含まれる合金元素の多くはこれに入リます。
そのために、相場が形成されるなどで、鋼材価格変動の要因にもなっています。

スポンサーリンク


【関連する用語】

レアアース   合金元素     

【補足説明】

「レアメタル」は和製英語といわれます。外国では、希少な金属という意味で、メジャーメタル(コモンメタル)に対する「マイナーメタル」と呼ばれるらしいのですが、「レア」のほうがかっこいいですね。

レアメタルの中で鉄鋼用に使われているものには、ホウ素B、バナジウムV、クロムCr、マンガンMn、コバルトCo,ニッケルNi、ニオブNb、モリブデンMo、タンタルTa、タングステンW などがあります。これらは鋼に対する効果としては、
焼入れ性を高める:B Cr Mn Ni Mo W
耐摩耗性を高める:V Cr Mo W
耐食・耐熱性向上:Cr Ni W Mo
その他じん性や強さを高めるために重要なものです。

フェロアロイの生産は、中国が突出しており、ニュースの種になることもあります。もちろん、日本国内でも加工して製造されていますが、産地や産出量が限定されますので相場が形成されます。さらに、産出国の政治的要素なども加わって、この価格が変動します。

しかし、幸いなことに、 鉄鋼の主要成分であって、その特性を大きく変える、炭素C、シリコンSi、マンガンMn、クロムCr,ニッケルNi、などの合金は、 生産量(産出量)も潤沢で、短期的価格変動はあるものの、価格、量ともに比較的に安定供給されていて、鋼材価格としては大きな変動は少ないといえるでしょう。

これら鉄鋼に欠かせない合金元素は、相場が形成されている不安定な要因があるために、特に合金元素量の多い工具鋼などを作るメーカーでは「サーチャージ」や「エキストラ」という言い方で、 鋼材価格の変動幅を調整する仕組みが出来ています。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る