レアアース        [r05]

【用語の意味】

レアメタルの内、希土類元素17種をさし、磁石用のネオジムや蛍光体のイットリウムなどがあります。鉄鋼種に対する特性などについてはよくわかっていない状況です。

スポンサーリンク


【補足説明】

鋼に対する特性などはあまりわかっていないのは、鉄鋼の価格が安すぎて、その付加価値を評価されない状態であるため・・・というような感じがしますが、精錬や製鋼は元来、錬金術のようなものですので、これらのレアメタルは画期的な特性がえられる可能性が秘められており、興味深いものです。

鋼材価格が製造価格に見合う状態になり、供給が潤沢に安定供給されるようになれば、もっと研究が進むものと考えられます。

ニュースなどでは、ネオジム、サマリウム、プラセオジュムなどが強力磁石の材料に使われているのが知られますが、レアアースの多くは中国で産出され、産出量の半数が日本で消費されています。WEBで見るとかなりいろいろな用途に使われているようです。


↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る