粒子分散強化(りゅうしぶんさんきょうか)  [r02]

鋼では炭化物など異質の微細分子が組織中で析出すると強化します。
高温焼戻しでの2次硬化や析出硬化型のステンレスなどがこの原理によって硬さ(強度)が増します。

スポンサーリンク


鋼が塑性変形する際にすべり面に沿って転位が生じるのですが、その生じ方の程度が「強度」になる・・・とされます。

鋼の強化機構には、析出、固溶、浸入、粒子分散などがあって、析出と粒子分散は鋼の強化機構の一つと言えるでしょう。

これは、析出した異粒子が「転位」を妨げることで強さが増すと説明されています。

一般的には、析出物が微細な場合を析出強化といい、析出によって転位が大きく妨げるような場合を粒子分散強化といわれるのですが、これについての明確な区別は難しいようです。

工具鋼の2次硬化やステンレス鋼の析出硬化(時効硬化)は、昇温によって素地中に炭化物などが析出することで転位が起こりにくくなる以外に、体積膨張などによる内部の圧縮応力の増加で強化される・・・などからそれが説明されています。


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る