第一鋼業株式会社~熱処理用語

熱処理の用語      [n15]

熱処理用語についてはJISに定められていますので、それを用いるようにすると間違いが起こりませんが、この熱処理関係のJISも、熱処理工業会のJHS規格などが基準になっていることや、制定された当時の現場の都合もあったのか、かなり特殊な表現も残っています。

よく話題になる例ですが、「焼入れ・焼戻し、焼なまし」なども、ワープロで打つと 「焼き入れ、焼き戻し、焼きなまし」というように、JISとは違った変換がされてしまうのですが、当面はこれらの表現は変わらないでしょうし、改定される可能性も少ないようです。

さらに、現在でも、鋼材関係や熱処理業界では、特有の業界用語が使われています。

例えば、焼入れのことをマルエッチ、焼ならしをマルエヌ・・・と言うなどは、普段の取引や会社内でもしばしば耳にします。   


【熱処理で使用される単位】
現在は、「SI単位系」に沿って単位を表示しなければならないのですが、まだまだメートル法時代の[cgs単位系]が根付いています。

熱処理に関係する基本単位は、 「長さ」「質量」「温度」「電流」「時間」程度ですが、そのうち、未だに、質量ではなく、当然のように「重量」ですし、温度はK(ケルビン)ではなく「℃」が使用されています。

さらに、例えば、焼き戻し硬さを比較するために、500℃付近の温度をよく使うために、 「500℃、525℃、550℃」で試験結果を表示するものなどが多いのですが、現実的にはそれが便利なのはたしかですが、熱処理文献などでは、「773K、798K、823K」と表示されるようになってきています。

それを 「750K、775K、800K」という「キリのいい温度」に変えてもいいと思うのですが、まだまだなのでしょう。

熱処理設備のほとんどが未だに「℃」ですので、 当分は、773というような「見にくくて変な表記温度」はなくならないのかもしれませんが、過去に、尺貫法からメートル法になったときは、かなり短期間で変更されましたし、光速(光の速さ)の基準がメートル原器から波長の長さ、光の秒速・・・とどんどん変わっても、それが受け入れられているのですから、SI単位系に変わらないのは、「熱処理関係者の姿勢」の問題かもしれません。

熱処理業界はかなり頭が硬いのでしょうか?・・・というよりも、今でも現場で息づいているという「使いやすさ」なのでしょうか。

【業界用語】
丸棒鋼のJISに「熱間圧延丸棒鋼」というのがあります。

これに関する業界用語で、メーカーで丸棒鋼に圧延されたものを 「アズロール材(AS-role)」、メーカーが出荷するまでに、ある程度の強度に熱処理(調質)されたものを 「メーカーマルエッチ材」、 焼きならし済みのものを「メーカーマルエヌ品」などと呼ばれます。

当社の熱処理現場では世代交代が進んでいますので、次第に影を潜めつつありますが、焼入れしたままの状態の品物を「アズキュウ(AS-Q)」調質することを「マルエッチする」といった会話が交わされています。

JISの加工記号で、焼なまし=HA ・焼ならし=HNR ・焼入焼戻し=HQ-HT  と表記されますので、これらの業界用語も、お客さんを含めた関係者の間では、何の違和感もなく通用しているようですが、 真面目くさった顔で、 「マルエッチする」 「エッチする」と言っているのは「焼入れする」という意味ですが、初めて聞く人には、不穏な感じがすると思うのですが、当事者は「知らぬ顔」なのが面白いです。




↑記事のTOPに戻る


(来歴)R2.1 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る