熱処理変形 (ねつしょりへんけい)     [n12]

【用語の意味】

熱処理歪み(ひずみ)や「曲り」ともいう。
熱処理工程中に生じた寸法や形状の狂い(変化)をいう。


【補足説明】

変形が生じる熱処理の原因は、熱によるもの、変態によるもの、外力によるものがあり、通常はそれらが複合して生じる。

鉄鋼では、加熱冷却時の熱膨張、熱収縮や熱処理変態を避けることができないので、熱処理中の温度の不均一や変態による体積変化などで生じる形状変化が最終的に変形につながらないようにする必要があるが、形状が複雑なものや品物自体が大きいものは、変形しないように熱処理するのは難しい。

変形量や傾向がわかれば、あらかじめ変形を予測した形状にしてから熱処理する方法もとられる。

一般的には、変形を見越した余肉をつけておいて熱処理し、その後に成形するが、変形量の予測は経験的に決定することが多いので、始めて熱処理する形状のものの変形量を正確に予想するのは困難なことである。

変形を修正・除去することを「ひずみ取り」「矯正」などというが、機械的な方法と熱処理的な方法がある。

機械的な方法は、比較的軟らかい品物の場合は、プレスなどで外力をかけて形状を修正する。機械的な方法が無理な場合は熱を加えた上に外力を加えて修正したり、焼戻し時に硬さや組織を変化させながら熱処理しながら修正する。


↑記事のTOPに戻る