熱電対 (ねつでんつい)     [n11]

【用語の意味】

サーモカップルとも呼ばれる。温度測定に用いられる温度センサー。K熱電対、R熱電対など多くの種類がある。


【補足説明】

異種金属の先端を溶接するなどでその部分を高温にすると電位差を生じることを利用したもので、温度精度が高いことから、熱処理の温度測定の温度検出器として最も多用される。発生した電圧を温度に変換して表示するのが温度計で、それに調節機能を加えた「温度調節計」とともに熱処理装置の温度表示と温度制御を行う。

鉄鋼の熱処理は、-200~1350℃程度の温度範囲なので、1000℃まではアルメル-クロメルという鉄合金のK熱電対が、それより高温域では白金-白金ロジウムを用いたR熱電対が用いられる。熱電対の種類・線径で耐用温度が異なり、雰囲気(使用環境)によっては急激に劣化するので、通常は保護管に入れて用いられる。

シリカなどを封入して一体化したものはシース熱電対と呼ばれ、外形が5mm程度の細いものは自由に曲げることができるので、熱処理実験などに、また、溶解炉などの溶湯温度などは、R熱電対の使い捨てタイプのものなどが用いられている。

熱処理工場では温度はカナメであり、温度精度の管理が必要である。特に高温用の熱電対は劣化しやすく、その精度検査も大変なために、使用期間をきめて新品に交換するなどで管理する場合が多い。


↑記事のTOPに戻る