熱処理操作 (ねつしょりそうさ)     [n10]

熱処理の際に行う行動をいい、加熱、冷却などの操作をいいます。


焼入れについて言えば、広い意味では、品物のセット(熱処理準備)、加熱設備等の温度設定、操炉、冷却などにおけるそれぞれの作業の手順などが含まれます。

しかし、一般的には、焼入れでは、加熱温度、保持時間、冷却方法などをさします。

そのために、しばしば「熱処理線図」と呼ばれる下記のような図で熱処理操作を表現する場合があります。

この図の見方は、左から、時間が経過していき、時間の経過が表示されます。

上方向に進む線は温度を上げる様子が示されており、反対に、下方向に進む線は品物の温度が下がっている様子が示されています。

また、下図では、焼入れと焼戻しの工程があることが示されています。

それぞれの項目の位置には、数値などで具体的な情報が表示されています。

熱処理線図

↑記事のTOPに戻る


(来歴)R2.1 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る