熱処理   (ねつしょり)     [n08]

【用語の意味】

金属製品に要求される所要の性質を付与する目的で、雰囲気、加熱、冷却、圧力、電磁気などを組み合わせて行う処理をいう。
鉄鋼については、JIS-B-0122の加工記号に熱処理の種類があるが、熱処理用語としてはそのほかにもいろいろな熱処理が行われている。

スポンサーリンク


【補足説明】

JIS-B-0122では、
焼ならし、焼なまし、焼入れ、焼戻し、時効、浸炭、窒化、浸硫などの熱処理の大分類と関係する中分類で加工記号が示されている。
しかし、熱処理分野でも様々な熱処理方法や技術が変化改良しているので、JISでは規格化が追い付いていないものも多い。
JIS-b-0122の熱処理の加工記号



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る