抜き取り検査 (ぬきとりけんさ)    [n07]

【用語の意味】

通常の熱処理後の検査は、全数検査ではなく、社内規格等で定めた抜き取り検査が行われるのが通例である。

スポンサーリンク


【補足説明】

熱処理後の品質検査は、特に要求がなければ、①目視による外観確認と ②抜き取りによる硬さ検査以外の検査はほとんど行われないのが通例。

もちろん、このことで、特殊な検査や追加検査は、別途有償になる。

検査における「抜き取り数」についても、計数抜き取り検査でいう確率的な面を考慮した抜き取り数ではなく、熱処理が正しい状態で行われて、目的とする硬さになっているかどうかを確認するのための抜き取り個数で検査されており、ロットごとに1つまたは数個の検査をしているのが通例である。

これは、検査する側の検査工数削減ということだけではなく、検査の前処理でグラインダーで製品を磨くことや、検査の圧痕がつくのを嫌う顧客の要求もあって、次第に工程確認作業という意味合いが強くなってきたと考える。それを補完するために、熱処理前に顧客との打ち合わせで検査仕様を打ち合わせることになっているが、検査個数を増やすことで検査精度が向上するというものではないことから、ほとんどの熱処理品については、熱処理業者側の検査標準によって検査が行われているといっていい。

この検査条件について、昭和50年初頭に当社が熱処理のJIS工場になるための審査で、この抜き取り数が、JISに定める「計数抜き取りにおけるゆるい検査」の抜き取り数をはるかに下回るために、かなり問題になったことを記憶している。そしてまた、昭和末期ごろまでは、熱処理品についての受入検査を行う会社も多く、硬さはずれがあるといって種々の問題が生じたことも多かった。しかし現在では、当社の測定した硬さ結果が問題になるということはほとんど見受けられない。

近年では硬さ換算表によって硬さを表示することも容認されてきていることなどから、かなり、熱処理業者の試験結果に対する信頼も高まってきている感じがする。

ここに至ったのは、①硬さにおけるトレーサビリティーが確保されるようになったこと、②検査員の技量認定などで、硬さにおける信頼性が上がったこと、③妥当性の確認などで、硬さ検査値だけでなく、硬さ検査と製品保証の立場に立った測定が行われるようになってきたこと・・・ などが考えられ、それらによって、硬さ検査に対する信用度が上がったためと考えている。

もしも現状の品質保証方法に問題があるようならば、「事前に個別に契約する」ことになっているが、検査費用をかけても、鋼材や品物の形状による影響のほうが大きいので、費用対効果はないと考えられている状況なのかもしれない。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る