抜き取り検査 (ぬきとりけんさ)    [n07]

通常の熱処理後の検査は、全数検査ではなく、社内規格等で定めた抜き取り検査が行われるのが通例です。


熱処理後の品質検査は、特に要求がなければ、①目視による外観確認と ②抜き取りによる硬さ検査 を行っており、それ以外の検査はほとんど行われないのが通例です。

もちろん、特殊な検査や追加検査は、別途打ち合わせして行なうこともありますが、費用がかかる場合には有償になる場合もあります。

この抜き取り検査における「抜き取り数」についても、計数抜き取り検査でいうような、確率的な面を考慮した抜き取り数ではなく、熱処理が正しい状態で行われて、目的とする硬さになっているかどうかを確認するのためのものであることから、1から数個という少ない抜き取り個数で検査しますし、通常は、ロットごとに1つまたは品物の形状や鋼種などに応じて、数個の検査をしているのが通例です。

これは、検査をする側の検査工数削減という理由もありますが、顧客側としても、検査の前処理でグラインダーで製品を磨くことや、検査の圧痕がつくのを嫌うこともあって、次第に工程確認作業という意味合いが強くなってきたと考えられます。

それを補完して製品の品質を確保するために、熱処理前に顧客との打ち合わせで検査仕様を打ち合わせることになっていますが、検査個数を増やすことで検査精度が向上するというものではないこともあって、ほとんどの熱処理品については、熱処理業者側の検査標準によって検査が行われているといっていいでしょう。

余談ですが、この検査方法や条件について、昭和50年初頭、当社が熱処理のJIS工場になるための審査で、この抜き取り数が、JISに定める「計数抜き取りにおける『ゆるい検査』」の抜き取り数をはるかに下回るということで、品質保証の面でかなり問題になり、審査官とかなり問答したことを記憶しています。

そしてまた、昭和末期ごろまでは、熱処理品についての受入検査を行う会社も多く、硬さはずれがあるといって種々の問題が生じたことも多かったような歴史があります。

この当時は、統計的品質管理や計数検査という考え方が基本で、現在のように工程における品質保証の考え方が進んでいなかったためや、硬さ検査におけるトレーサビリティーの考え方が徹底されていなかったことなどがあったために生じた問題ですが、今日では、当社の測定した硬さ結果が問題になるということはほとんど見受けられません。

さらに近年では、硬さ換算表で換算した硬さを表示することも容認されてきていることなどから、かなり、熱処理業者の試験結果に対する信頼も高まってきた感じがします。

これに至った理由としては、①硬さにおけるトレーサビリティーが確保されるようになったこと、②検査員の技量認定などで、硬さにおける信頼性が上がったこと、③妥当性の確認などで、硬さ検査値だけでなく、硬さ検査と製品保証の立場に立った測定が行われるようになってきたこと・・・ などが考えられ、それらによって、硬さ検査に対する信用度が上がったためと考えています。

もしも、現状の品質保証方法に問題があるようならば、「事前に個別に契約する」ことになっていますが、熱処理品の検査に費用をかける以上に、鋼材や品物の形状による影響のほうが大きいので、費用対効果はないと考えられている状況なのかもしれません。

実際の検査値が、たとえば、60-60HRCの硬さ要求に対して、60HRCという検査値であれば「合格」とする考え方がある反面、60HRCの精度やばらつきを考えると、61HRCであっても不思議ではないという程度の製品検査の結果と言えるほど、硬さのばらつく要因は大きいのですが、改めて、それが60HRCの合格範囲に入っていることを確認する・・・ということも難しいことです。しかし、近年は、そういうことに対して指摘する例も少なくなってきました。それいいと言っていいのかどうかはわかりませんが・・・。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る