軟点  (なんてん)      [n04]

焼入れで硬化しないか他よりも柔らかい部分のこと。通常は好ましくないもので、全体焼入れの水焼入れをする場合や、高周波焼入れなどでそれが生じる場合があります。




水焼入れする品物では、水に高温の品物を浸漬した時に、接触した部分で水蒸気が生じ、それが冷却を妨げて、その部分が硬化しないで硬さが柔らかい部分が出ることがあります。


また、高周波焼入れでは「ソフトゾーン」といういい方をされる「硬さの低い場所」ができることがあります。

これは例えば、丸棒の外周を移動焼入れする場合などでは、焼割れを防ぐために、端面を避けて加熱するように作業することが多いために、端面は硬化しないという状態になっていたりする場合は多いのですが、これではなく、丸棒の胴部を硬化させる時に、焼入れコイルを移動しながら焼入れしていくのですが、この時に、焼入れ部が重ならないよう、そして、離れすぎないようにコイルの移動量を決めて焼入れします。
しかし、そのピッチのとり方が良くなくて、1回転の移動量を大きくとりすぎると、コイルの移動ピッチの中間で硬さ低下が起きます。
また、逆に移動ピッチが小さいと2回加熱される部分で結晶粒の粗大化による硬さ低下や焼割れが生じやすい・・・などの不具合が起きます。

これによって柔らかい部分が生じるのですが、このような一発移動焼入れの高周波焼入れでは、完全に焼き入れ硬さを揃えることは原理的には無理なことです。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る