軟化焼なまし (なんかやきなまし)   [n03]

【用語の意味】

硬さを低下させるために行うもので、A1変態点以下(通常700℃程度以下)で加熱して放冷する熱処理。低温焼なまし。
より低い硬さにしたい場合は、完全焼きなましのほうが硬さは低くなる。

スポンサーリンク


【関連する用語】

低温焼なまし  完全焼なまし

【補足説明】

通常は、A1変態点(約720℃程度)以下で行うと空冷しても硬化しないので、柔らかくするための目的で行う。   

このA1点は平衡状態図の温度なので、オーステナイト化しない程度に高い温度にあげるほうが軟化しやすいので、自社製品では750℃程度で行うことも多い。しかし、オーステナイト化させてしまうと炉冷しないといけなくなるし、そうすると加熱時間が長くなって酸化脱炭が進む。

酸化脱炭を少なくして硬さを下げる場合に行うものであるが、再焼入れするもので取り代(仕上げ代)がある場合は、できれば、結晶粒調整ができる完全焼なましをするほうが良い場合も多い。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る