内部酸化 (ないぶさんか)   [n02]

【用語の意味】

鋼を加熱するとき、雰囲気や品物表面の酸化物から拡散した酸素によって、内部に向かって酸化が進行すること。特に、結晶粒界に進行しやすいために、それは粒界酸化とも呼ばれる。通常は好ましくないものである。熱処理の用語としては使われることが少ないが、浸炭や圧延などでは問題になることがある。


【補足説明】

内部酸化の反対語として外部酸化がある。高温の鋼に酸素が接触すると酸素と反応して酸化物(スケール)などができる。それが外部酸化であるが、鋼の成分、加熱温度などの条件によって鋼の表面部で酸素とうまく反応しない場合には内部酸化が生じるとされている。
表面の変質層であるために、それを機械的に除去する必要がある。

熱処理では、例えば、大気加熱する完全焼なましでスケールが生成するが、同時に脱炭が進行するので、その後に焼入れする場合はその層を除去しなければならない。正常な表面のものを焼入れする必要がある。

また、焼入れなどでは近年では雰囲気調整される場合が多いので酸化が問題になることがないが、浸炭など長時間の加熱や1200℃を超える高い温度のハイスの焼入れなどではそれが生じることが考えられる。


↑記事のTOPに戻る