無芯焼入れ(むしん~)        [m12]

【用語の意味】

中心部まで硬化した品物にする焼入れ。反対語は「有芯焼入れ」。
JIS用語の解説では「ずぶ焼入れ」と説明されているが、これは「全体焼入れ」の意味が強いので注意。

【補足説明】

焼入れした際に中心まで焼きが入るかどうかは鋼材成分と大きさによる。

焼入れ性の低い鋼種では、中心まで硬いのかどうかは「Uカーブ」や「ジョミニ試験」結果のデータがあれば推定できる。また、近年ではシミュレーションソフトを使って検討もできる。

とはいうものの、断面硬さや表面の硬さ分布などを推定できるようになるにも、かなり専門的知識が必要になるし、実際のデータが少ないので、推定の域を出ないことも多い。

ここでは、無芯焼入れのほうが良くて、有芯焼入れが悪いといっているのではない。焼入れ性の低い鋼材のみならず、品物が大きくなれば、内部に行くほど硬さが低下していくし、硬さ変化とともに内部へ行くにつれて材料の持つ特性も変化していっている・・・ということを理解しておればいいだろう。
近年は有芯・無芯という表現はほとんど聞かない。


↑記事のTOPに戻る