無芯焼入れ(むしん~)      [m12]

【用語の意味】

中心部まで硬化した品物にする焼入れ。反対語は「有芯焼入れ」。
JIS用語の解説を見ると、無心焼入れを「ずぶ焼入れ」と説明されているが、当社での「ずぶ焼入れ」は部分焼入れや表面焼入れに対応する用語で使っている場合が多く、「全体焼入れ」という意味あいが強いのでずぶ焼入れという場合には注意が必要。

スポンサーリンク


【補足説明】

近年は有芯・無芯という表現をほとんど聞かなくなっているので、いずれは消える用語のような気がする。
焼入れした際に中心まで焼きが入るかどうかは鋼材成分と大きさによるものであるし、無芯・有芯のどちらがいいという問題でもない。
だから、焼入れした結果で、内部の硬さが低下していなければ「無芯焼入れ」というだけのことで、ただ、用語があるだけということかもしれない。

焼入れ硬化する状態は、焼入れ性の低い鋼種では、中心まで硬いのかどうかは「Uカーブ」や「ジョミニ試験」結果のデータがあればある程度の推定はできるし、近年ではシミュレーションソフトを使って検討もできる。

しかし、そうとはいうものの、実際に断面硬さや表面の硬さ分布などを厳密に推定することは専門的知識が必要になるし、そしてそれに関係する要素が多いために個々について推定するのも難しいことである。

焼入れ性の低い鋼材のみならず、どのような鋼種でも、品物が大きくなれば、内部に行くほど硬さが低下していくことに変わりはないし、硬さ変化とともに、内部へ行くにつれて材料の持つ特性も変化していっているので、いろいろな条件で有芯焼入れになったり無芯焼入れになったりする。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る