第一鋼業株式会社~熱処理用語

マルエッチ      [m04]

「焼入れ」又は「調質」のことで、それを慣用的に言う業界用語です。

熱処理現場では「マルエッチする」「エッチ材」などのような使い方がされていて、すでに調質済みの鋼材を「マルエッチ材」、焼ならしされた材料は「マルエヌ材」「ノルマ材」、焼なまし済み材は「マルエーザイ」と言われる、これらも同様の鋼材や熱処理業界用語です。

このような記号で表示される場合もあります。これはJISによる表示ではありません。

特殊な記号例 


マルエッチなどのいい方は業界間で使われる用語で、これは一般的な用語ではありませんが、しばしば鋼材関係の業界間では耳にします。

当社でも出荷時の現品につけるエフなどの表示を手書きする際に、S45Cの後に「丸囲みのH」を書く場合もありました。(現在では使用していません)

この表示方法は、慣習的に問題ないというものの、現状では「S45C調質済品」や「S45C HQ-HT済」などと表示するのが適当でしょう。

このように、慣習的に使われていてわかりにくい用語には、「アズ・クエンチ」「アズ・キュウ」や「H鋼(エッチ鋼・エイチ鋼)」などがあります。

アズクエンチ : As-Quench のことで、焼入れ状態のままのものをいいます。

同様に、焼入れしたままの硬さは「アズキュー硬さ」などといわれることがあります。

これも一般用語ではありませんが、現在の熱処理試験の図表などにも「焼入れのまま」などと表記しないで「As-Q」などの表記は使われていますので、これは覚えておいていいと思います。

この慣用的な表示と、「H鋼」について区別して理解しておく必要があります。

「H鋼(えいちこう)」 : JIS G 4052などで規定される焼入れ性を保証した鋼材のことです。(正式なJISの呼び方です)

たとえばS45C-H(またはS45CH)などのように鋼種名の末尾に「H」が付記されています。これは、ジョミニ焼入れ性試験をした時のHバンドが一定範囲にあることを保証した鋼材で、もちろんS45Cとは違う鋼種として扱うことになります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し  R1.8 見直し  R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る