五感温度 (ごかんおんど)    [k57]

熱処理温度を測る「温度計」がなかった昔には、目や肌などの五感で感じる温度や品物の状態を見て熱処理されていました。

1960年代に「自動制御」という言葉が聞かれたり、自動温度調節計が炉に設置されたという記憶がありますが、当時の作業者は、加熱色で温度を見る方法や触ったり距離感で温度を測る方法で熱処理を行っていました。

これについては、ほとんど紹介されることはありませんが、日立金属のカタログに掲載されるなど、近年までそれが伝えられてきたのですが、最新カタログではそれが見られなくなっていますが、貴重な資料ですので、紹介させていただきます。



火色と温度の図(日立金属カタログ)焼戻し色の図(日立金属カタログ)

加熱色は「火色(ひいろ)」、焼戻し色はテンパーカラーと呼ばれます。

これらの図は日立金属のSLDのカタログに紹介されていたもので、当社でも熱処理加工者が経験的に引き継がれていたものですが、過去には熱処理は「3K」と言われ、「きつい、きたない、きけん」な作業の代名詞になっていました。

現在では、熱処理は省エネ化や自動化、あるいは表面温度計などの設備・装置により、炉の中で熱処理が完結するものもあるくらい、人間の五感で品物の状態を判断することもなくなってきていることで、これらが指導されることもなくなってきています。

しかし、これらがあることを知っていると、いろいろな場面で役に立つと思いますので、今後もこれらを紹介して伝えていきたいと考えています。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る