高張力鋼板 (こうちょうりょくこうはん) [k56]

【用語の意味】
加工性・溶接性などを維持しつつ、引張強さを高めた鋼板で、規定では340N/mm2(35kg/mm2)以上のものとされるが、通常は400N/mm2以上をさすことが多い。ハイテン(High tensile strength steel)、高抗張力鋼板などと呼ばれる。

スポンサーリンク


【補足説明】

一般的には、一般構造用圧延鋼材SS400の引張強さを超えるものを高張力鋼と考えていいと言える。しかし、高張力鋼板に対する分類やとらえ方は統一されていない。   

この場合の加工性評価は、延性、展性、絞り性などが、溶接性は溶接の接合性や溶接後の割れなどが起きないように製造される鋼板で、近年では引張強さ980MPa以上の「超高張力鋼板」と呼ばれるものも開発されている。

この製造方法は成分調整による強化のほかに、プレス加工や熱処理(焼入れのような急冷)を加えるなど様々な方法で製造される。これらの製品の持つ高い品質が自動車産業の軽量化に貢献している。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る