鋼材 (こうざい)        [k53]

【用語の意味】
圧延、鍛造、鋳造などで所要の形状に加工された鋼の総称。したがって、鋼塊(インゴットなど)は鋼材ではないといえる。

スポンサーリンク


【補足説明】

当社のカタログの抜粋を示している。様々な工程を経て鋼材は製造されている。上記は製鉄工程から製品になるまでの工程を示しており、大きくは熱間圧延製品と冷間圧延製品に区分され、図に示すような様々な製品がつくられている。

新日鐵住金・JFEスチールなどの大手製鉄所では、高炉(溶鉱炉)を用いて銑鉄を作り、それを還元するとともに、合金成分の調整をして鋼が作られる。

  

製造される鋼材の全体量の割合では、軟鋼と呼ばれる熱間圧延構造用鋼材が多く、それらは普通鋼と呼ばれる。これに対して、特定の用途向けに作られる鋼材は特殊鋼として、製鉄所だけでなく、製鋼所と呼ばれる企業で作られる。

  

製鋼所は製鉄設備(高炉)を持たずに、主に、鉄アロイや鉄スクラップを用いて鋼材が製造されている。

これらの工場から出荷される鋼材は、その後の加工に問題ないように、焼なましなどの熱処理工程が含まれるものが多く、JISや製品カタログ(あるいはミルシートと呼ばれる検査成績書)などには、出荷状態の品質が表示されている。

工具鋼鋼材の多くは、それを機械加工して、さらに焼入れ焼戻しの熱処理をしたのちに、研削などで仕上げ加工されて製品(部品)になる。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る