工具鋼 (こうぐこう)        [k52]

【用語の意味】
工具、治具などに使用される鋼材。熱処理によって得られる性能も多岐にわたり、類似鋼種も多い。このためにJIS名ではなく、メーカー名で呼称される場合が多い。

スポンサーリンク


【補足説明】

特殊鋼倶楽部が発行する雑誌「特殊鋼」の最新データ(H22年版)では、下記のように各社の鋼種が掲載されている。ここには、鋼材メーカーが製造する数多くの鋼種のうち、各社が市販していて、比較的入手しやすい鋼種が掲載されている。

反対に言えば、ここに掲載されていない鋼種は、通常では入手しにくいものと考えたらいい。個々の説明は多岐になるので、詳細は記さないが、工具鋼は各社の特徴を出すため、たとえば、JIS鋼種であっても、。(JISには、最低限の部分しか規定されていないなどの理由から)各社の特徴を持った鋼として製造されているうえに、工具の長寿命化に対して、ユーザーからいろいろな要求があるので、メーカーと購入側で個別の取り決めをする場合も多い。このようなことで、汎用鋼種と言えども、それぞれの流通状態が変わることから、この表にある鋼種であっても、鋼材サイズが限定されるなど、どういう鋼材も入手できるという状態になっていないので注意しておく必要がある。

ここでは大きく、金型用として冷間用、熱間用、プラスチック用、高速度鋼に分類されていて、さらに「分類」「JIS分類」等で用途を選択すればいい。この図は見にくくなっているが、WEBで一般に公開されている。

冷間用工具鋼鋼種一覧
熱間金型用鋼鋼種一覧
プラスチック金型用鋼種一覧
高速度工具鋼鋼種一覧


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る