光輝熱処理 (こうきねつしょり)   [k50]

保護雰囲気中などで行う熱処理で、表面の酸化や脱炭を防止し、表面の光輝状態で熱処理することの総称を光輝熱処理といいます。

ただし、これは、酸化による強度の着色やスケールなどがない状態で熱処理されるという意味合いのもので、雰囲気中での加熱によって、熱処理後の表面は、熱処理前の金属光沢(表面肌)とは若干異るのは避けられません。


この、光輝熱処理に対する言葉は「大気熱処理」です。

「光輝」とは、元の金属光沢が残った状態で熱処理されるという意味合いですが、完全に光輝状態でなく、脱炭や浸炭、酸化などで有害な表面性状にならない場合をさしていることも多く、さらに、焼入れしたときには光輝状態で、その後に大気雰囲気で焼戻しして薄い酸化被膜などの着色がある場合でも、光輝焼入れと称されることもあるようです。

当社の真空油焼入れ炉 (大型の真空油焼入れ炉)

空気雰囲気で鋼を高温に加熱すると表面が変質します。

それを防ぐために保護雰囲気(主に窒素ガス)で加熱したり、脱気して酸素のない状態で加熱すると、表面が変質しない状態で熱処理できます。

このように、広義の意味では、「無酸化熱処理」を指す場合もあります。

光輝熱処理を行う主な目的は、脱炭層などの異状層が出ないようにすることですので、当社では、熱処理価格低減と熱処理時間の短縮のために、「光輝焼入れ+大気雰囲気の焼戻し」を行う品物もたくさんあります。

したがって、この熱処理分類も光輝熱処理(無酸化熱処理)で、焼戻しで生じる着色やスケールは磨く程度で除去できますし、脱炭など、内部への影響がほとんどありません。

全工程をこのような光輝雰囲気で行っても、若干の窒素ガスなどの雰囲気ガスとの表面反応があるので、加工前の表面色とは異なり、まったく熱処理前と同じような金属光沢は保てませんが、大気熱処理のように脱炭層が0.1mmを超えて、表面硬さに影響するというような問題はありません。

しかし、このような光輝焼入れを行っても、熱処理後の硬さ検査では、特に測定方法などの取り決めがない場合は、品物の表面をバフ磨きをして硬さ測定をします。

これは熱処理肌そのままでは、正しい硬さが測定できないためですが、これによる検査痕が残リます。

通常は検査がしやすい品物の中央部で測定するので、検査のための磨き処理や測定痕が残ってはいけない場合には、事前に打ち合わせをして品物に影響が出ないように対策しておかなければなりません。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R1.8 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る