恒温変態曲線 (こうおんへんたいきょくせん)  [k46]

【用語の意味】
鋼を焼入れ中に品物を一定温度に保持して時間が経過すると、その温度によってパーライトやその他の組織に変態する。これをいろいろな温度と時間についての変化を表すと、その形がSの形になるものが多いので、S曲線といわれる。TTT曲線、時間・温度変態図とも呼ばれる。
【関連する用語】
 恒温熱処理  連続冷却変態曲線
【補足説明】

共析鋼のTTT曲線の例
この図は炭素鋼(共析鋼:約0.8%C)の例であるが、ソルトバスなどで適当な温度に保持すると、時間が経過すると、温度域の違いによって、オーステナイトがその他の組織に変態することが示されている。

たとえば550℃で保持すると、1秒以下でパーライト変態が始まり、5~6秒で、すべてがパーライト組織になる。また、300℃で保持すると、1分程度で変態が始まり、20分程度でオーステナイトがベイナイトに変態することが示されている。変態完了後は空冷してもその他(例えば、マルテンサイトなど)に変態することがないので、この図に書かれた組織や硬さは、常温のものである。

熱処理の解説では、このS曲線と冷却過程をあわせたものを説明されたり、連続冷却曲線(CCT曲線)などもあって混同しやすい。この図はあくまで、焼入れ冷却中にある温度に保持して等温で変態させることで作成されたものである。


↑記事のTOPに戻る