鋼 (こう・はがね)      [k44]

【用語の意味】
はがね。鉄中の炭素量が2%程度までの合金。その他の合金との化合により、2%以上のものも含まれるが、遊離炭素があれば、鋳物に分類される。

スポンサーリンク


【補足説明】

この図は度々説明のために使用する「鉄-炭素2元系状態図」であるが、図で、約2%以上の炭素量では「鋳物」に分類される。

多くの鋼では鉄-炭素のみの2元系でなく、いろいろな合金元素が含まれるので、この図のようには表せないが、耐摩耗鋼(例えばSKD1:C=2.1%、Cr=12%)などは「鋼」であり、これは、クロム系の炭化物が多いことで炭素量が多くなっているが、それを除いた部分(マトリックス:素地)はそれより炭素量の少ない鋼になっている。

近年では、粉末ハイスや粉末工具鋼では、炭化物を均一に分散させて、2.2%Cを超える鋼製品も製造されている。


↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る