結晶構造 (けっしょうこうぞう)     [k41]

【用語の意味】
鋼は熱を加えると結晶構造(分子の並び方)が変化する。焼なまし材は体心立方(BCC)であるが焼入れ温度に加熱すると面心立方(FCC)のオーステナイトになり、硬化してできたマルテンサイトは体心正方晶(BCT)・・・などに変化する。
【補足説明】

体心立方格子の模式図体心立方格子の原子配列の模式図体心立方晶
面心立方格子の模式図面心立方格子の原子配列の模式図面心立方晶
この図は1つの結晶を表した図であるが、体心立方=焼なまし材、面心立方=オーステナイト系ステンレス、体心正方=焼入れしたマルテンサイト状態・・・と結晶構造が変わることでものの性質が大きく変わる。

この黒丸がFe(鉄原子)として、それがその他の元素に変わったり(置換)、このスキマに小さな元素が入り込んだり(侵入)、さらに、焼入れ温度から冷却する速度によって金属組織が異なったものになったり・・・と、鋼材の成分と熱処理によって様々な特性を持った鋼が生まれる。


↑記事のTOPに戻る