黒染め・黒化 (くろぞめ・こっか)  [k38]

光輝面を酸化媒体に浸漬して、表面に四三酸化鉄などの黒色の薄い層をつける処理をいいます。
1ミクロン程度で油分とともに用いることでさらなる防錆効果があります。このため、処理の後に油がついた状態になっています。

スポンサーリンク


通常は上記にあるように、四三酸化鉄の黒い層をつける「酸化皮膜処理」をさします。
光輝肌の品物にこの処理をするには、①脱脂 →②酸洗 →③脱脂中和 →④黒染め処理 →⑤湯洗 →⑥防錆 →⑦防錆油塗布 という工程を取ります。

被膜の厚さは1マイクロメーター程度の酸化皮膜により防錆効果があり、薄い被膜のために、寸法の誤差もほとんどなく、比較的安価に高級感が出る処理と言えます。

現在では様々な方法で様々な処理が行われていますが、材料の適不適などもあるので、黒染め加工をする場合は、事前に加工業者に相談するといいでしょう。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る