クエンチ             [k36]

【用語の意味】
Quench : 焼入れのこと。

スポンサーリンク


【補足説明】

JIS工程記号では焼入れは「HQ」 焼入れ焼戻しは「HQ-HT」。
業界用語には、焼入れすることを「H(えっち)する」 調質材を「マルエッチ材」 ・・・ などの言い方がある。

焼入れの目的は硬くすること(ハードニング)なので、空冷でも十分に硬化する場合もあり、水などで早く冷やすという意味ではないが、一般的にこれらすべては、「急冷する」と表現されていて紛らわしい部分もある。

また、実際の焼入れでは、空冷しても目的硬さが得られる「焼入れ性の高い鋼種」であっても、すこし大きな品物では冷却速度が低下することによってじん性の低下が起こる鋼種では、それを抑えるために油焼入れをすることもあるし、反対に、焼割れや変形、硬さ調整などの目的で、冷却過程で冷却をコントロールする(遅く冷却する)場合も多い。しかし、これらについては、メリットばかりではなく、硬さ低下やじん性低下などで本来の特性を犠牲にする場合もあり、これらを簡単に説明するのは難しい。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る