空冷 (くうれい)      [k35]

加熱後に空気中で放冷すること。
扇風機(ファン)を用いて冷却速度を早めたり、早く冷却する場合も多く、これは、ファン空冷や衝風空冷などと称されます。


焼入れの際に空冷して十分な硬さが得られる鋼種は「空気焼入れ鋼」などと称されますが、これらは「焼入れ性」の良い鋼種であるといえます。

しかし、これらの鋼でも、焼入れの冷却が遅くなって、充分な硬さが出ない場合は油冷する場合もしばしばでてきます。

硬さが十分に出ても、じん性の低下等が顕著になる場合もありますので、空気焼入れ鋼は空冷するというように画一的に考えないで、、臨機応変に熱処理しないといけません。


(大同特殊鋼DC11のカタログから引用)  

これらのグラフを見ると、300-400℃のじん性の数値が良好のように見えます。通常の依頼熱処理品では、そのような硬さを要求されることは少ないのでこれを問題にすることはありませんが、これには、残留オーステナイトが影響しているように思いますので、あえて、この温度を採用するのが良いとは考えないほうがいいでしょう。

工具鋼では、焼戻し時の冷却は空冷することで良いとされています。しかし、構造用鋼などでは、焼戻し脆性域をすばやく冷却するために、水冷や油冷を奨励している場合が多いようです。

工具鋼については、この理由についてはいろいろ考えられますが、(詳しくは説明しませんが)早く冷却すると割れや変形が生じる可能性のためと言えます。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る