均熱 (きんねつ)       [k33]

【用語の意味】
温度を一定にたもって加熱すること。
【補足説明】

製鋼時の造塊時には鋼塊内外の温度差があると品質ムラが出るので、再加熱して鋼塊内外を同じ温度にすることを「均熱」と言うが、熱処理では「加熱中の品物全体が目的温度になる」という意味で用いられることが多い。

通常の加熱設備(炉)は有効寸法とは別に「有効加熱帯寸法」があり、その温度精度について、例えば、焼入れ炉では目的温度に対して±10℃というように管理されている。

この精度についてはJISでは取引者間で「協議する」となっており、この場合の20℃の温度差は「均熱」かどうかという疑問があるが、有効寸法いっぱいに品物を入れる場合は、実用的にはこの程度と考えておけばいいし、小さい品物はもっと温度差が小さいということになる。

焼入れの均熱性(温度精度)は10℃程度でも問題ないことが多いが、焼戻し炉では、少し大きな炉になると±5℃を確保するのが難しくなるうえに、すこし大きな品物で、高温焼戻しで硬さを決める工具鋼などでは10℃違うと硬さむらが生じるので、通常の場合は要求される硬さ範囲に入れる事が難しくなる。理にかなっていないのだが、これをやるのは炉内の温度分布を把握したうえで温度の保持状態を管理する「熱処理技術」や「匠の技」によるものとしか言いようがない場合もある。


↑記事のTOPに戻る