金属顕微鏡 (きんぞくけんびきょう)    [k32]

【用語の意味】
金属の組織を観察するために用いられる反射式の顕微鏡。50~1000倍程度の観察が一般的。近年では、デジタル機器を連動させて写真や画像観察するものが多い。
【補足説明】

倒立型金属顕微鏡 ニコン製 マイクロスコープ キーエンス製

上左が当社の倒立型金属顕微鏡で、50倍から1000倍程度の組織観察に用いる。鏡面研磨した後に適当な腐食液を用いて表面を腐食し、それを肉眼で観察したり連動するパソコンで画像処理ができるようになっている。特に周辺や最表面の観察には欠かせない機能である。

上右は正立型のマイクロスコープと呼ばれる光学機器で、実体顕微鏡と金属顕微鏡としての機能がある。5~3000倍程度の観察ができるが、低倍率の実体像観察で威力を発揮する。

金属組織の観察は経験と熟練が必要で、特に事故原因調査などではいろいろな組織を見慣れていないと異状発見が困難である。


↑記事のTOPに戻る