機械試験(きかいしけん)       [k23]

【用語の意味】
硬さ、じん性、強さなどの機械的性質を調べる試験。引張試験、衝撃試験など。
【補足説明】

JISやその他の団体規格等には様々な機械試験に関して、試験機、試験方法、試験片などが規定されています(ここでは個々についての説明はしていません)

熱処理で取り上げられることの多い試験は、引張、衝撃、疲労、摩耗、その他の耐用試験・・・などがありますが、高硬さのものを扱うことの多い工具鋼鋼材の評価では、同じ試験方法であっても、試験機や試験条件、試験片形状、試験片の採取位置などが異なると、相関や互換性がなくなるものが多いので、試験結果を比較する場合は注意しておかなくてはなりません。

しかし、「標準熱処理条件における試験値と硬さの関係」が示されるものが多いので、その試験データを利用して鋼材の機械特性を推定することに広く利用されています。

元来、引張・圧縮などの「強さ」の代替値である「硬さ」は、測定が簡単で非破壊試験であるので、通常の熱処理検査ではほとんどは「硬さ試験」のみしか行われていないのが現状です。

そのため、実際の品物では硬さ範囲を決めて熱処理をすることになるのですが、様々な要素が加わるので、硬さ範囲を決めることも簡単ではないが実情ですので、最終的には経験的に硬さ値の範囲を決める場合も多くなってしまいます。


↑記事のTOPに戻る