ガス焼入れ          [k13]

【用語の意味】
窒素ガスやアルゴンガスなどで冷却する焼入れ方法。真空炉や雰囲気炉で冷却を早めるなどでは、大量のガスを噴射して冷却する。ガスの圧力を上げて大量のガスで冷却する方法を加圧冷却という。
【補足説明】

ガス焼入れという用語に対して、JISには、「金属製品を所定の高温状態から、窒素、アルゴンなどの不活性ガスで冷却する処理」とある。

アルゴンは高価であるため、通常の鉄鋼の熱処理の多くは費用の面で液化窒素を気化させた窒素ガスを使用しているが、焼入れの際には、鋼を十分に硬化させる速度が必要なために、ガスを加圧して一気に大量に噴射する方法をとっている。これを加圧冷却と言い、ガスの圧力を3~6気圧に高めて噴射することで油冷に近い冷却性能を謳う設備もある。

しかし、大量に噴射することは費用面でも高価になるだけでなく、噴射位置が限られるために品物に曲がり(変形)が発生しやいこともあって、あえて流量を制限する場合も多い。、



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る