加圧冷却(かあつれいきゃく)    [k01]

雰囲気炉や真空炉などの炉中冷却の際に窒素ガスなどの圧力を上げて噴射することで、冷却速度を上げること又はその冷却方法をいいます。


近年、工具鋼などの熱処理では熱処理の仕上がりの外観が優れていることから、真空炉を用いて熱処理されることが多くなってきました。

真空炉の多くは、窒素ガスによる冷却をするタイプの炉が多く、焼入れ冷却時に、窒素ガスを圧力を上げて、タンクにためておいて、焼入れ時にそれを一気に放出して、急速に噴射で冷却速度を早めた熱処理をする冷却方法を「加圧冷却」と言います。

ガス量やその流速を増やすと、油冷と同等以上の冷却ができるとされており、6気圧以上の圧力で急速冷却ができる炉などがありますが、窒素ガス量が増えると、ガス自体が高価ですし、それを大量に一定方向から噴射するために、冷却速度を高めようとすると、歪み(変形)が大きくなりやすいという欠点がでてきます。

精密部品などでは、熱処理時の変形が少ないことが重視されることもあって、充分な冷却能力が炉に備わっていても、金型などの機械部品の焼入れでは、フルパワーで冷却しないで、油冷より遅い冷却で運転されることが多いというのが実情です。

ガス流量が少なくなって品物の冷却速度が遅くなっても問題で、品物内外の硬さの差が生じたり、焼入れ組織の変化からじん性の低下などが懸念されることもありますので、注意が必要です。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る