ポリマー焼入れ剤 (ぽりまーやきいれざい)     [h41]

【用語の意味】

水溶性焼入油、ソリブルなどとも呼称される。
ポリアルキレングリコールなどの水溶液などで、濃度を変えることで冷却能を調整できる半面、管理面などで難点もある。

スポンサーリンク


【補足説明】

焼入れ油は消防法では危険物であるので、大量に取り扱うには注意が必要で、いろいろな規制や制限がある。そして、品物や環境の汚損などの問題もあって、焼入れ油に代わるものが求められている。その理由もあって、当社も焼入れ油に変えてこれを使用した時期があったが、焼入れ特性が不安定で、使いきれなかった経緯がある。

当社での難点は、少しの濃度変化で急激に冷却特性が変わるので、安定した熱処理ができなかったことや、においが不評だったために普通の焼入れ油に戻ったのである。

しかし、高周波焼入れでは常用されており、当社の使用時期からかなりの歳月が経過しているので、特性なども改良されていると思われるものの、一般熱処理業界では広がっていることを聞かないので、良否については何とも言えない。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る