ポリマー焼入れ剤 (~やきいれざい)  [h41]

ポリマーは、「水溶性焼入油」「ソリブル」などとも呼ばれます。

ポリアルキレングリコールなどの水溶液などで、濃度を変えることで冷却能を調整できますし、焼入れ油のように発火性がないという利点があります。

高周波焼入れでは多用されていますが、これは、水冷よりも若干遅い冷却になるようにするために使用されています。

一般熱処理では、焼入れ油に変わるものが求められているのですが、濃度や冷却性能の管理面などで難点もあって、焼入れ油に変わって使用されている状態には至っていないのが現状です。


焼入れ油と比べた最大の長所は、可燃物ではないという点です。

焼入れ油は消防法では危険物となるために、大量に取り扱うには注意が必要で、いろいろな規制や制限があります。

それに対して、ポリマー焼入れ剤は、安全性が高いという特徴があります。

さらに、焼入れ油は、品物や環境の汚染の問題と、それを除去するための後処理の問題があるために、焼入れ油に代わるものが求められているのですが、一般熱処理用のポリマー冷却液は、濃度や品質の安定性の面で焼入れ特性が不安定になりやすいことから、当社も数年使ったのですが、使いきれなかった・・・という経緯があります。

当社が使用したときの難点を上げれば、少しの濃度変化で急激に冷却特性が変わるために、その管理が大変で、特に構造用鋼では安定した熱処理ができなかったことや、さらに、「におい」が不評だったために、結局、普通の焼入れ油に戻ったようです。

しかし、高周波焼入れでは常用されていますし、当社の使用時期から歳月が経過しているので、その後は、製品の特性なども改良されていると思われます。

焼入れ油を使わないようにしたいという要望は強いので、常に、着目はしておく必要があるでしょう。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R1.9 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る