ベイキング          [h33]

【用語の意味】

電気メッキ、酸洗、溶接などの作業で鋼に吸着した水素を逃がすために、200℃程度で品物を加熱する処理。 Baking


【補足説明】

鋼中に水素が侵入すると脆化します。これが水素脆性です。
水素脆性が生じると、品物が簡単に破壊するなどの、非常に危険なものです。

このために、特に焼入れ鋼などを電気メッキや酸洗した場合は、焼戻し温度を超えない範囲で200℃程度の加熱をすることで鋼の表面の水素を飛散させることで、脆化が軽減されます。

特に注意しなければならないことは、メッキはがしをするために逆電解をした場合にも、確実にこの加熱処理をしないと思わぬトラブルになることがあります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る