ベイキング          [h33]

【用語の意味】

電気メッキ、酸洗、溶接などの作業で鋼に吸着した水素を逃がすために、200℃程度で品物を加熱する処理。


【補足説明】

鋼中に水素が侵入すると脆化する(水素脆性)。このため、特に焼入れ鋼などを電気メッキや酸洗した場合は、焼戻し温度を超えない範囲で200℃程度の加熱をすることでそれが軽減される。
特に注意しなければならないのは、メッキはがしをするために逆電解をした場合には、確実にこの加熱処理をしないと思わぬトラブルになることがある。


↑記事のTOPに戻る