雰囲気熱処理 (ふんいきねつしょり)  [h31]

【用語の意味】

炉内の雰囲気を、目的によって調節して行う熱処理をいいます。
窒素・アルゴンガスなどの不活性ガス、水素の還元性ガスを用いるほか、酸化性、浸炭性、窒化性などの雰囲気もあります。
一般熱処理では、窒素ガス雰囲気での加熱が主流です。


【補足説明】

一般熱処理では高温で加熱中に品物の酸化が生じると脱炭も同時に生じ、焼入れすると表面硬さが十分に出なかったり、焼割れの原因になる場合もあります。

このために窒素ガスなどで大気と置換したり脱気して真空状態で加熱する熱処理が行われるのですが、これらを総称して「無酸化熱処理」という場合もあります。

ただし、無酸化熱処理には、ソルトバスで塩浴によって空気から品物を遮断する方法も含まれます。

近年に工具鋼の熱処理などで主流になってきた「真空炉」の多くは、窒素ガスによる冷却を行うものが多いこともあって、一般的には、完全に真空加熱するのではなく、加熱中に少量の窒素ガスを炉内に流すことで、対流による加熱促進や均熱性向上が図られています。(この場合も通常は、雰囲気炉とは言わないで、真空炉とよばれるのが一般的です)


↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る